Mêrêsaaba Rando - Farino

ナショナル ジオグラフィック トラベラー誌による「ベスト・オブ・ザ・ワールド–2021 サステナブル・デスティネーション」にニューカレドニアが選ばれました

ナショナル ジオグラフィック トラベラー誌は、ニューカレドニアを「ベスト・オブ・ザ・ワールド – 2021年のサステナブル・デスティネーション(持続可能な旅行先)」のひとつに選出しました。カーボンニュートラルを実現する都市から、持続可能な自然と野生生物ツアーを提供する目的地に至るまで、かけがえのない地球の素晴らしい自然を保護することを目指す世界各地の場所がリストアップされました。ニューカレドニアは、その優れた持続可能性と、様々な取り組みが評価されて選ばれました。この雑誌では、特に海洋生物の保護に向けた取り組みに焦点を当てています。* これは、ニューカレドニアですでに実施されてきた多くの取り組みを継続してきた結果であり、これまで数々の評価を受けてきた証でもあります。 2008年にユネスコ世界遺産に登録された美しいラグーンに加え、ラ・フォア、ファリノ、モワンドゥ地区は、太平洋地域で初めて、2019年10月にフランスのエコツーリズム認証である「スタシオンヴェール(グリーンステーション)」の認証ラベルを獲得しました。 ユニークで豊富な生物多様性 ニューカレドニアの生物多様性は、76%の固有動植物と、20,000以上の海洋生物種があり、非常に貴重な豊かさに満ちています。 コーラル・シー(珊瑚海)の海洋保護区や複数の固有種が生息する自然保護区(リビエルブルー州立公園など)が示すように、カグーや地元の木生シダなどの固有動植物種の保護、および群島のさまざまな生態系の保護を優先事項としています。発見すべき壮大な手付かずの自然が百万平方キロメートル以上にも及んでいるのです。観光に優しい環境保全戦略持続可能な観光は、ニューカレドニアの生物多様性を保全する上で不可欠です。観光促進活動においては、ニューカレドニアの環境と多くの貴重な自然遺産について、旅行者が学ぶことができる機会を提供しています。積極的な観光への取り組みの中で、自然と完全に調和した滞在を提供し、多くの自然公園や持続可能な宿泊施設を尊重し、それらの価値を発見できるように設計されたGR1&2(歩行コンディションの整ったグランド・ランドネルート)などのハイキング・トレッキングコースを紹介しています。 観光体験の中心となる人々と伝統ニューカレドニアが持続可能性のカテゴリーで選ばれたなら、それはまた、古くからの習慣と伝統を発展させ、尊重することへのコミットメントでもあります。カレドニアの人々は彼らの島々の真正性を誇りに思い、非常に強い島独自のアイデンティティを育んでいます。 彼らは、この豊かで多様な文化に触れることを望む好奇心旺盛な旅行者と自分たちの物語や歴史を共有することを好んでいます。カナックの生活様式の中に身を置くことは、その土地を発見するために不可欠なのです。ニューカレドニアは、その貴重な環境と住民の文化を十分に尊重した上で、有意義な観光体験を提供し、持続可能な観光を促進しながら、さらに完全に持続可能なデスティネーションになることをお約束します。National Geographic Travel – https://www.nationalgeographic.co.uk/travel/2020/11/best-of-the-world-2021-sustainability

日本におけるニューカレドニア観光局の再編について

English below 平素よりニューカレドニアの観光促進にお力添えいただき、心より感謝申し上げます。昨年は大変厳しい年となりました。そして新たな年を迎えるにあたり皆様にご案内がございます。すでにお知らせいたしております通り、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ニューカレドニア政府は7月末まで非居住者の入国規制を決めています。規制は今後の状況に応じて見直されますが、この窮状への対応のため、ニューカレドニア観光局を再編することとなりました。 今般の再編により、2016 年から弊局日本マーケットでの窓口として、様々な活動を通じてディスティネーションの認知向上に尽力いただいた株式会社コネクトワールドワイド・ジャパンとの契約を終了いたしました。同社のこれまでの貢献に対し、深く感謝の意を表します。上記に伴い、戦略的パートナーとして協働を続けておりますエアカラン日本支社に、本年1月1日から一時的に業務を委託することといたしました。同社は日本においてニューカレドニアのブランディング、ならびに皆様との良好な関係維持に努めます。 ニューカレドニアへのインバウンドにおいて日本は最も重要なマーケットの一つであり、両国間の定期便運航通常化に向けて、旅行業界、メディア、および一般消費者に対し、ニューカレドニア観光局本局、エアカラン本社、同日本支社との密接な連携のもと、今後も積極的な活動をお約束いたします。e ラーニング、ウェビナーなど楽しみながら学習いただけるセッション、メディアの皆様への対応、SNS 等を用いた告知、および大胆なマーケティング戦略にも取り組んでまいります。 ニューカレドニアは現在、新型コロナウイルスの市中感染が発生しておらず、自信を持ってお薦めできる旅行先です。非居住者への入国規制が解かれましたら、日本のお客様をいち早く、この天国に一番近い島へお迎えしたいと願っております。今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 なお新しい連絡先は下記となります。ご質問やご要望など、弊局へのご連絡はこちらまでお願いいたします。